承認から生まれる自律学習

印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |



2010年5月15日より アクセス数

指導者の声

関教育学舎 関志郎塾長

 教え込む一斉授業をなくし、考えさせ主体性を持たせる「一斉個別授業」にしてから5年が経った。教室では質問の活気と、テキストに向き合うことの集中が交互に訪れる。それぞれが解き終えたテキストと塾ノートを携え、ハンコをつけてもらいに最後部に座る私の所にやってくる。そしてハンコを押す瞬間に、私と子どもたちとの間に短いコミュニケーションが生まれる。部活のこと勉強のことetc・・目を合わせながらしっかり聞いてあげる。真の個別指導だ。 

ゴトウ学習塾 後藤泰雄塾長

私は今年の1月仙台で、畑山先生にOK法の説明を受けたとき、正直なところほとんど理解できませんでした(すみません)。しかしながら、限られた時間のなかで「何度も繰り返す」ことができる、と、いわれたことが心の琴線に響き、矢も楯もたまらず八戸まで何度も押しかけ現在に至りました。

ゴトウ学習塾  伊藤先生

約1年前、「OK書込み学習法」のことを聞き、「生徒が自主的に勉強に取り組む」という点に疑問を持っていました。その後、志学塾様の授業を実際に見学させて頂いたとき、確かに自主的に取り組んでいる生徒たちを目にしました。そして今、当塾の受験生たちも授業に集中するだけでなく、自主的に家庭学習をこなしてくるのを実感しています。恐らく、私がこの仕事に就いてから十数年、ここまで家庭学習をしてくる学年を見たことがありません。「OK書込み学習法」をさらに研究し、今後に生かしていきたいと考えております。